令和2年8月25日(火)長野県社会福祉総合センター研修室において、災害対策部会研修会を開催致しました。

研修会は2部構成で、第1部では「台風19号災害を体験して」と題し、特別養護老人ホームりんごの郷から生活相談員兼施設介護支援専門員の桑原周一氏、福祉相談センターりんごの郷 主任介護支援専門員の西澤利恵氏より実際の体験談をご講演頂きました。

施設では時系列に発災の様子や対応をお話し頂き、今後に向けての支援課題を明確に説明くださり、とても参考になりました。

居宅では利用者さんの様子を涙ながらに説明され、そこに自分がいるかのように共感する事ができました。

第2部では、長野県社会福祉協議会様より、災福ネットの活動内容や実際の活動から見えて来た課題をお話し頂きました。

災害はいつ起こるか分かりません。備えておく必要性と、私たち介護支援専門員として出来る事を再確認して行くよい機会となりました。