先日実施しました「新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取り扱いに関する実態調査」について、会長小林広美、副会長寺澤育子が、長野県健康福祉部介護支援課に赴き調査の結果を報告してきました。

サービス事業所側から利用者への十分な説明の必要性を伝えるとともに、利用者が不利益になることがないよう、同意の有無にかかわらず安心して介護サービスを受けることができるようにお願いをしてきました。

また、新型コロナウイルス感染症対策については大変に努力してくださっている事業所の皆様への感謝とともに、介護支援専門員は利用者の生活背景や経済状況を理解し、今後の生活も見込みながら暮らしの設計をたてており、利用者の暮らしを共にチームで協力しあいながら、個々利用者の生活を守っていけるようサービス事業所と今後も密に連携を図っていきたい旨を伝えました。

【結果報告】新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて(第 12 報・第 13 報)に関する実態調査