令和2年2月20日(木)長野県の委託によりケアプラン点検推進研修を塩尻総合文化センターの大会議室において開催しました。定員90名を上回る多数のお申込みをいただき、ご希望に添えずご辞退いただいた皆様にはご迷惑をお掛けしました。

市町村担当者、地域包括支援センターの主任介護支援専門員等行政担当者を対象とした本研修会の午前中は「自立支援に資するケアプランと点検の視点」について、長野県研修企画委員(居宅介護支援事業所コスモス統括室長)髙島 隼人氏よりご講義を賜りました。

午後は、ケアプラン点検の実施状況についてパネルディスカッションを行いました。

パネルディスカッション①市町村の取組

【パネラー】                                                                                              上田市 福祉部高齢者介護課 介護保険担当係長   小須田 洋士氏                                                                   佐久市 高齢者福祉課 課長補佐 介護保険給付係長  小林 智恵氏                                                                                     小諸市 保健福祉部高齢福祉課 包括支援係 主任介護支援専門員 中里 慶子氏                                                                【コーディネーター】                                                                                           相澤居宅介護支援事業所にいむら 管理者 寺澤 佑輔氏                                                                         県介護支援課計画係 主事 関 遼樹氏にもご参加いただきました

パネルディスカッション②実施者からの報告

【パネラー】                                                                                             安曇野南介護相談センター 管理者    二村 高明氏                                                                            老人保健施設あららぎ居宅介護支援事業所 管理者 田中 剛氏                                                                      相澤病院居宅介護支援事業所 管理者 齊藤 京子氏

【コーディネータ 】                                                                                         松塩筑木曽老人福祉施設組合事務局 管理課長  磯村 政範氏

満席の会場では、受講者の皆様が真剣に講義を受けられていました。研修内容にも大変好評をいただき有意義な研修会となりました。

より質の高いケアプランの点検および介護支援専門員の育成を適切に実施できるよう、2月26日(水)には、ケアプラン点検アドバイザー養成研修を開催する予定です。